2015年05月29日

大豆の種蒔きの前に、お米の田植え作業の季節がやって来た

2015年度 新庄大豆畑トラスト用の大豆の種蒔き前に、先ずはお米の田植え作業です。
いよいよ、雪国新庄でも5月中旬から田植え作業が徐々に始まりました。
まだ、これから代掻き(田植え作業前の田んぼの整地)作業を始める人もいます。
準備万端それぞれ自慢の農作業方です。
IMG_0624.JPG

IMG_0635.JPG

IMG_0642.JPG

IMG_0640.JPG


皆さんの新庄大豆畑トラストに向けた大豆品種“タチユタカ”の種蒔き作業は、6月上旬
となります。今年も、鳥越地区の吉野さんの減反田をお借りして共同管理をしてゆきます。

今年は、大豆加工品の『納豆』の生産も、(有)有機農業者協会と協力しながら、始めてゆきます。
建屋の納豆生産工場は、完成しています。この後、行政からの最終認可を得ての開始となります。
詳細報告は、6月以降となります。

なお、2015年度の新庄大豆畑トラスト応募は、6/1をもって始まります。
まもなく、封書で案内ニュースの『畑たより」がお手元に届くと思います。
奮ってご応募願います。
応募の会費が、”遺伝子組み換え食品NO!”の運動を支える経済的基盤です。
応募の会員数が”遺伝子組み換え食品NO!”の運動を支える精神的基盤です。
そして、応募の声が、新庄生産者達の”安心のできる美味しい農産物作り”の元気の源です。
posted by さだ at 15:20| Comment(0) | 報告